練習方法

シャトル投げ練習

この練習はオーバーヘッドストロークをマスターするうえでとても効果的な練習です。
リストの使い方や肘の使い方、まっすぐ飛ばすことが出来ればラケットを握ってもまっすぐ飛ばすことが出来ます。また、こうやってはダメというポイントも紹介しています。
身体の使い方、つま先の向き、重心の位置、何歩で動くのか?ネット前の時とホームポジションの時にはどう足を動かすのか解説しています。是非練習に取り入れてください。
イシバジャパンでは毎回初めに行っています。
サービスラインに置いて×3回 ネット近くに置いて×3回 は結構の頻度で行っています。
*リストの使い方が悪い子はこれが上手くできません。まずこの練習をしっかりマスターしてからラケットを握る方が早いです。