KWさんの声

こんにちは。
序の口2 オーバーヘッドストロークを動画拝見しました。
手首の回内を使うと、フォロースルーが、ほうきで掃く形にはならず、げんこつが上を向いた状態でフィニッシュしてしまいます。回内の仕方が悪いのか、回内にこだわらなくてよいのか 迷います。
また、スイング後、ラケットを納めるとき左の脇の下に入れるよう意識していますがいかがでしょうか?

回答:そうですね、回内でげんこつが上を向くと、ラケットにヒットした後により力を伝えられない場合が多いんです。
しっかり、力をシャトルに伝えるためには、ラケット面が最後まで床と平行になっていることが大切で、その延長線上がほうきではく形になるんです。
大切なのはシャトルに伝えられているかどうかです、今の形でも伝えられているのなら問題ありませんが、面が若干切れてしまい力の伝え方が少ない時が出てきます。
力強いスマッシュなどを打つときにはここの形が求められます。
今のうちに修正できると良いと思います。
ラケットの納める位置は、左脇の下だと身体が回転していないケースがあります。しっかりほうきではく様に大きく振れた方が良いと思います。

あとで動画おくりますね!

2020年10月08日