レベル10 横綱講座

*動画はシェア  拡散 転送 禁止です!

横綱1
この技術はとても大切な技術です。正しいリバースは相手に悟られなくエースが取れるようになります。ミスも少なく効果のあるショットです。

肩をしっかり入れる事でよりフェイントになります。ストレートに打つように見える為確実に効果あり!また、この打ち方は角度がついてネットぎわに落とすことが出来ます。皆さんが打っているリバースはサービスラインを越えてしまいますが、石場流のリバースは角度が違います。

横綱2
このリバースのスマッシは郡司莉子も得意としていました。確実にエースに繋がるショットです。正しい打ち方を身に着ける事で相手に大きな差をつける事が出きます。世界を制したショットと言っても過言ではありません。

ストレートを意識して振り抜きもストレートにしてください。そうする事でより相手にはフェイントになります。

横綱3  解説
相手の強いショットを力を殺してふわっとネット際に落とすショットです。
これを身に着ける事で相手にダメージを与えられます。これが出来ないと強くリターンする事になり相手の攻撃を止める事ができません。

この講座では、ヘアピンの最上級のヘアピン技術です。相手の強いショットを力を殺してネット前に運ぶ高度なスキルです。

横綱4

横綱5
このハイバックの打ち方として下から回して打つ事とでスムーズなハイバックが打てるようになります。

この講座では、下から回してのハイバック技術です。まずハイバックの理論を理解してください。理論を理解して素振りで身体になじませる事でスムーズに打てるようになります。1時間もあれば打てるようになります。


横綱6
この講座では、上から回してのハイバック技術です。まずハイバックの理論を理解してください。理論を理解して素振りで身体になじませる事でスムーズに打てるようになります。1時間もあれば打てるようになります。
基本的には速い球の場合は上から回して合わせるようにしてください。

横綱7
この講座では、実際のパターンを使って、フォアハンドでのヘアピンをし,
プッシュを狙っていたが、クロス奥にロビングを打たれてしまった場合、ハイバックでストレートにドロップでリターンする動きを解説しています。

横綱8
この講座では、実際のパターンにある、バックハンドでのヘアピンをしプッシュを狙っていたが、相手のリターンがラウンド奥にリターンされたのをストレートにドロップでリターンする技術です。

横綱9
この講座では、実際のパターンにある、バックハンドでのヘアピンをし自分はクロスの低いアタックロブを警戒する形をとるが、実際には相手のリターンがラウンド側のストレートにリターンされたのをストレートにドロップでリターンする技術です。

ハイバックの打ち方の注意点を解説しています。まず理論を理解する事でスムーズに身体に入っていきます。


横綱10
この講座では、ハイバックリクリアーの技術です。ハイバッククリアーでは力を大きく伝えなければなりません。身体の使いから理論を学んでマスターしてください。シングルスでは必ず身に着けなければならないショットです。

この講座はフェイントのスマッシュショットです。フォア側奥からクロスに打つと見せかけて相手のストレートに逆をつくショットです。これにより相手は一瞬遅れたバックハンドになりますので攻撃がしやすくなります。相手が強くなることでこのようなフェイントのショットを正確に学ぶ事が大切です。

横綱11
この講座では、スマッシュのフェイントスマッシュ技術です。フォア側からクロスに向いてクロスにスマッシュを打つのではなく、ストレートに打つフェイントのスマッシュ技術です。この技術を身に着けておかないと上には上がれません。


横綱12
この講座では、スマッシュのフェイントスマッシュ技術です。ラウンド側から身体のフェイントでクロスと思わせてストレートに打つ技術です。身体がクロスに動くために相手はクロスを予測しますが、実際にはストレートに打つので相手は一瞬遅れてしまいます。上手く打てればエースで決まる事も沢山あります。このショットの注意点をしっかり理解してください。

横綱13
この講座では、同じくフェイントのドロップの技術です。身体の動かし方でクロスと思わせる技術です。

横綱14
この講座はフェイントショットのラウンド側からクロスに打つと見せかけてのストレートにドロップを打つ技術です。相手はクロスに予測する為ノータッチで決まる事もあります。是非身に着けておかねばならない技術です。

横綱15
この講座では、スマッシュと思わせてのフェイントクリアー技術です。スマッシュと思わせる事で相手の姿勢を低くさせ対応を遅らせ優位に立てます。同じフォームで打つのは当たり前でそれ以上のフェイントになります。スマッシュを思わせられるので確実に相手の姿勢は低くなり、クリアーに対応が遅れます。一瞬消えるくらいのフェイントのショットです。


横綱16
この講座では、ストレートのカット技術です。大抵の方がクロスのカットを打っていますが、ミスをしない為にはこのストレートカット理論技術を身に着けなければなりません。石場理論のカット技術はミスをしない上に更に強烈な角度のあるカットです。ミスをする人は考え方が間違っています。ミスをしない考え方打ち方ポイ学んで下さい。


横綱17
石場流のカットは打たれると分かっていても取れないカットショットです。それくらいサービスラインより前に落ちるショットです。殆どの方のクロスカットは足が長く、ミスする事が多い!その点石場流はミスすることなく確実に相手からチャンスをもぎ取る事が出来ます。この技術の考え方、ヒットポイントを良く理解する事で大きな武器になります。

 

横綱18
石場流の速くて重い武器になるスマッシュの技術です。スマッシュを分かっていてもリターンしずらいスマッシュです。その身体の使い方や腕の使い方など良く理解してマスターして下さい。

横綱19
この講座では、空間を上手く使ったフェイントのスマッシュです。3つのポイントで打つ事が出来るので相手はどこで打ってくるのか分かりません。それがタイミングを取らせないフェイントになるのです。この技術を身に着ける事で多彩なショットで相手を苦しめられます。ゲームを支配する事が出来るでしょう。

横綱20
この講座では、空間を上手く使ったフェイントのドロップです。3つのポイントで打つ事が出来るので相手はどこで打ってくるのか分かりません。それがタイミングを取らせないフェイントになるのです。この技術を身に着ける事で多彩なショットで相手を苦しめられます。ゲームを支配する事が出来るでしょう


 

横綱21

この講座では石場流のノーモーション理論のフェイントスマッシュです。ノーモーションであるために相手には準備をさせることなくスマッシュを打つので相手は度肝を抜かれます。多彩なフェイントのショットを持つ事で相手は訳が分からなくなりパニックに陥るでしょう。


横綱22
この講座では、更に高度なノーモーションドロップ技術です。多彩なドロップの中でもこのノーモーションドロップは相手にタイミングをつかませないドロップとして効果的な攻撃です。相手はスマッシュに思えるのでしっかり構える事で前に出る事が難しくなります。この技術を身に着ける事でゲームを支配する事でしょう。


横綱23
この講座では、相手の速いロブやドリブンクリアーをワンステップで飛びつき攻撃する技術です。大抵の人は飛びつけず下からリターンする事が多いです。それを飛びついて攻撃する事で大きな差になります。飛びつききの理論を理解しタイミングを覚え、グリップと振り方を学ぶと大きな武器になります。上にあがる為には確実に身に着けておかないとならない技術です。

横綱24
この講座では飛びついただけではなクロスカットを打つ事で相手は低い攻撃的なショットを打っている為にクロスカットには対応が間に合わずエースになる事が多いです。飛びつくタイミングや足運び身体の使い方、リストの使い方を理解して身に着けてください。大きな武器になる事は間違いありません。殆どの方は下で処理する事が多いです。その中でこの技術を身に着ける事は一歩先にいく事間違いありません。

横綱25
この講座では、実践的なフォアハンドでヘアピンをしたのち、相手のショットがフォア奥に低いロビングを打たれた時に攻撃的対応する技術です。大抵の方はこの場合はアンダーハンドで処理しています。このスキルを身に着ける事でアンダーハンドではなく上から攻撃できる技術です。

横綱26
この講座では、実践的なバックハンドでのヘアピンをしたのちに、相手のリターンがクロスに低い球の場合に対応する技術です。

横綱27
この講座では、フォア側のワンステップの飛びつきと同じくラウンド側の低い攻撃的なリターンに対しての対応技術です。身体の使い方、振り方を理解しないと思うように打てません。この理論をしっかり学んでください。

横綱28
この講座では、実践的にバックハンドのヘアピンをしたのち、相手のリターンがストレートのラウンドに打たれた球に対して飛びつき攻撃技術です。

 

横綱29
この講座はロブでもフェイントのロブの技術です。この技術で相手は逆をつかれまともな体制で打つ事が出来ません。それにより相手はミスをしたりこちらにとっては攻撃できるチャンスに繋がります。

横綱30
この講座では、フェイントのロブの技術です。フォアハンドからフェイントロビングでストレートに低い球で追い込みチャンスをつかむ技術です。


横綱31
この講座では、フェイントのロブの技術です。バックハンドからフェイントロビングでストレートに低い球で追い込みチャンスをつかむ技術です。

横綱32
この技術はフェイントのクリアーです。ストレートと思わせてのクロスのクリアーを打つ事で相手は遅れてしまいます。それによりこちらは優位になり攻撃的なショットにつなげる事が出来ます。

 

横綱33

この講座では、プッシュのフェイントの技術です。ストレートに見せかけてのクロスや逆クロスに打つ技術です。ラケットの使い方プッシュの理論を学ぶことで決められるノーモーションプッシュを身に着けてください。ダブルス選手にとっては確実に身に着けておかねばならない技術です。ノーモーションのプッシュ自体もフェイントになりますが、二つの技術が合わさる事で更に威力は増します。

横綱34
1、高度なスピンネット クロスネットに対してスピンをかけ更にこの打ち方はミスが出ないポイントはこれだ!

2、横から撮影外切スピンネット

横綱35
クロスネットに対する内切スピンネット これを打てたら相手はロビングをミスする事になります。

横綱36
バックハンドのクロスネットに対する高度なスピンネット
相手はロビングさえ上手く打つ事が出来ない!

横綱37
バックハンドのクロスネットに対する内切スピンネット
この上手く打てたら確実に点をとれる!秘技

横綱38
フォア奥に追い込まれてしまった時の足さばき

横綱39
フォア奥に追い込まれながらも攻撃する足さばき
身体の使い方がポイントです。

横綱40
超攻撃的なフェイントクリアーは確実に相手を追い込むことが出来る。最強のクリアーです。この技術はとても難しいですが、この技術を身に着ければ確実に相手を追い込むことができるようになります。力の入れ方やタイミングなど学ばないとならない事は沢山ありますが身に着け鬼に金棒です。

 

 

2020年09月04日